メニュー

犬・猫の体拭き、拭き方や体拭きシートの使い分け【犬・猫コラム】

犬・猫の体拭き、拭き方や体拭きシートの使い分け【犬・猫コラム】

お散歩後、ウンチ・おしっこ後の愛犬・愛猫の体汚れが気になったり、体のニオイが気になる事はありませんか?
「汚れている部分は一部だからシャンプーするまででもない」「介護中でお風呂にいれてあげられない」なんて時もありますよね。

そんな時は犬用の体ふきシートでのケアがおすすめ!
今回は体ふきシートについてご紹介します。

シャンプーと体ふきシートの違い・使い分け

まずは、シャンプーと体ふきシートの大きな違いについてです。
使用頻度やどんな時に使用すべきでしょうか?

シャンプー

シャンプーの頻度は週2回~月1回程度をおススメします。
「匂いが気になり毎日シャンプーをしています!」という方もいらっしゃいますが、シャンプーのしすぎは皮膚を保護する皮脂まで奪ってしまい皮膚病の原因になることも。
当たり前ではありますが、生活していると汚れは溜まるので適度な頻度での定期的なシャンプーが必要です。

体ふきシート

体ふきシートは毎日使用できます。
お出かけ後やトイレ後など、気になるときに気になる部分に使用することができ、シャンプーよりも手軽にケアができます。
皮膚アレルギーがある子や皮膚に傷がある子はノンアルコールタイプがおススメです。 また、汚れを放置すると雑菌が繁殖し、不衛生になるため、特に介護が必要な愛犬・愛猫にはこまめに体ふきシートで汚れを取ることで清潔な状態を保つ事ができます。

体ふきシートの種類

それでは体ふきシートってどのようなものがあるのでしょうか?
大きく分けて2つあります!

体も拭けるウェットシート

愛犬が舐めても安心な成分を使用。薄くて、小さめサイズなシートのものが多いです。
容量も多く、お散歩・お出かけの際の持ち歩きや、帰宅してからの足ふき用に気軽に使えて便利です。

体全体用シート

体全体を拭くのに便利な、厚め大きめサイズが多いです。
香りつきのものや、毛並みのケアができる成分が含まれているものもあります。花粉の時期は、お散歩後に身体を拭き花粉のお手入れにも◎
最近では、シートが手袋の形となっていて、拭きやすさに特化したものや被毛ケアができるものも販売されています。

体ふきシートの使い方

最後に、体全体を拭くときの体ふきシートの使い方をご紹介します!

1.ブラッシング

体をふく前にブラッシングをして毛並を整えます。

体ふきシートの使い方 - ブラッシング

2.体全体を拭く

次にシートを使って毛並に沿って体全体を拭きます。介護中の愛犬・愛猫は皮膚まで拭いてあげると汚れをしっかり落とせます。

体ふきシートの使い方 - 体全体を拭く

3.お尻周りを拭く

お尻周りはポンポンとやさしくボディーシートをあて汚れを取りましょう!

体ふきシートの使い方 - お尻周りを拭く

4.肉球周りを拭く

肉球を拭くときはシートに優しく押し当てるように拭きましょう。強くこすること嫌がることがあるので注意が必要です。

体ふきシートの使い方 - 肉球周りを拭く

5.お腹と後ろ脚の間を拭く

お腹と後ろ脚の間はついつい拭き忘れがちな箇所。忘れずに拭きましょう!

体ふきシートの使い方 - お腹と後ろ脚の間を拭く

6.仕上げのブラッシング

全体が拭けたら、最後にブラッシングして毛並を整え終了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 汚れたとき、手軽にすぐにケアできるボディーシートやウェットシートはとっても便利でおススメです。 お出かけ用にウェットシートを持ち歩くのもいいですね。

「犬用品 - ウェットティッシュ・タオル」を見る

ページトップへ戻る